無洗米を研がなくていいのはなぜ?普通のお米との違い

無洗米はコスパや味が悪い?

無洗米の味は?

無洗米は普通の白米に比べて透明感がないことが多く、一見して味が落ちていると勘違いされがちです。
しかし、これは肌ヌカが除去されたことによって表面がマットになっているだけであり、品質が落ちているわけではありません。
無洗米は、お米の種類にもよりますが、普通の白米より口当たりが柔らかく、ふんわりとした食感のものが多いです。
硬さや味の好みは人によるため一概には言えませんが、これは特徴であり、決して味が劣っているということはありません。

また、ご家庭で研いだときよりもしっかりと肌ヌカが除去されている分、雑味がなくクリアな味わいになりやすいです。
さらに、研ぐ際にお米を傷つけるリスクがないため、誰が炊いても同じように美味しく仕上がります。

無洗米のコスパ

無洗米は、同じ量の普通の白米と比べるとやや値段が高い傾向にあります。
ですが、それだけでコスパが悪いと考えるのは損です。

無洗米には肌ヌカがありません。
一方、普通のお米には肌ヌカがついており、お米の重量の中には肌ヌカの重さも含まれています。
普通の白米が5kgあったら、150gほどが肌ヌカであるといわれています。
肌ヌカはお米を研ぐときに流れてしまうため、実際私たちが普通の白米を食べるときにはそれだけ量が減っているということになります。
無洗米が高額と言っても、1kgあたり数十円から数百円程度の差であり、以上のことを踏まえると価格の差は埋まるのではないかと思います。

また、節水にもなり、すすいでいるときにお米をシンクに落とす心配もないことを考えると、むしろコスパが良いといえるでしょう。

TOPへ戻る