無洗米を研がなくていいのはなぜ?普通のお米との違い

お米を研ぐ手間のかからない無洗米

お米が白米になるまで

ご存じのことと思いますが、稲からとれたお米がそのままあの真っ白いお米になるわけではありません。
脱穀作業によって稲から外された種もみは、もみすりという工程によってもみを外され、「玄米」になります。
これを精米することで、やっと「白米」になります。

玄米には白米にはない「胚芽」の他、「ヌカ」という成分がついています。
ヌカはお米の表面を覆っており、これによって玄米は茶色く見えます。
この胚芽やヌカを取り除く作業が精米です。

普通の白米は、お米同士をこすりあわせる方法を使って精米されています。
この方法では胚芽やヌカの一部は取り除けるのですが、ヌカの中心層、白米の表面についている粘着性の高い「肌ヌカ」までは取ることができません。

お米を無洗米にする方法

普通の精米ではとりきれない「肌ヌカ」ですが、この肌ヌカを取らないままご飯を炊いてしまうと、ご飯に特有のヌカ臭さが出てしまいます。
それを防ぐために、私たちは水を乳白色に濁らせてお米を研がなければならないというわけです。
つまり、肌ヌカがなければお米を研ぐ必要はなくなります。

無洗米の正体は、「特殊な方法を使ってあらかじめ肌ヌカを除去しているお米」です。
肌ヌカをとる方法は、普通の精米後に水で洗う「水洗い式」の他、肌ヌカ本来の粘着性を利用して肌ヌカを取り除く「ヌカ式」や、タピオカ澱粉に肌ヌカを吸着させる「タピオカ式」、ブラシ・布・研磨機などでこすって肌ヌカを取る「研磨式」など、さまざまな種類があります。

TOPへ戻る